一般財団法人・評議員会の議事録記載事項

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

(議事録)
第193条 評議員会の議事については~省令で定める~議事録を作成~

(評議員会の議事録)
規則第60条 法193条①~の~評議員会の議事録の作成~。
3 ~次~事項を内容とする~。

(一)~開催~日時+場所(~)
(二)~議事の経過の要領+結果
(三)~特別~利害関係~評議員~の氏名
(四)次~により~述べられた意見or発言があるとき~内容の概要
(五)~出席~評議員、理事、監事~の氏名~
(六)~議長の氏名
(七)議事録~作成~者の氏名

 
(評議員会の決議の省略)

第194条 理事が評議員会の目的~事項について提案をした場合に~評議員(~議決に加わることができるものに限る。)の全員が書面or電磁的記録により同意の意思表示をしたときは~可決する旨の評議員会の決議があったものとみなす。
4 ①~により定時評議員会の目的~事項のすべて~の提案を可決する旨の~決議があったものとみなされた場合~その時に~定時評議員会が終結したものとみなす。

規則第60条
(一)法194条①~評議員会の決議があったものとみなされた場合~

イ ~決議があったものとみなされた事項の内容
ロ ~提案~者の氏名
ハ ~決議があったものとみなされた日
ニ 議事録~作成~者の氏名

 
(評議員会への報告の省略)
第195条 理事が評議員の全員に~評議員会に報告すべき事項を通知した場合に~~評議員会に報告することを要しないことにつき評議員の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは~評議員会への報告があったものとみなす。

規則第60条
(二)法195条~評議員会への報告があったものとみなされた場合~

イ ~報告があったものとみなされた事項の内容
ロ ~報告があったものとみなされた日
ハ 議事録~作成~者の氏名

一般社団法人・社員総会議事録の記載事項

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律

(議事録)

第57条 社員総会の議事については~省令で定める~議事録を作成~

(社員総会の議事録)
規則第11条 法57条①~の~社員総会の議事録の作成~。
3 ~次~事項を内容とする~。

(一)~日時+場所(~)
(二)~議事の経過の要領+その結果
(三)次~規定により~述べられた意見or発言があるとき~内容の概要
(四)~出席~理事、監事~の氏名~
(五)~議長の氏名
(六)議事録~作成~者の氏名

 
(社員総会の決議の省略)

第58条 理事or社員が~総会~目的~事項について提案をした場合に~社員~全員が書面or電磁的記録により同意の意思表示をしたときは~可決する旨の~総会の決議があったものとみなす。

規則第11条
(一)法58条①~社員総会の決議があったものとみなされた場合~

イ ~決議があったものとみなされた事項の内容
ロ ~提案~者の氏名or名称
ハ ~決議があったものとみなされた日
ニ 議事録~作成~者の氏名

 
(社員総会への報告の省略)

第59条 理事が社員の全員に~社員総会に報告すべき事項を通知した場合に~総会に報告することを要しないことにつき社員の全員が書面or電磁的記録により同意の意思表示をしたときは~総会への報告があったものとみなす。

規則第11条
(二)法59条~社員総会への報告があったものとみなされた場合~

イ ~報告があったものとみなされた事項の内容
ロ ~報告があったものとみなされた日
ハ 議事録~作成~者の氏名

取締役会議事録・特別な場合

(取締役会の議事録)(→一般的事項

規則第101条
3 取締役会の議事録は、次~事項を内容とする~

(二)~法373条②の取締役会〈特別取締役によるもの〉~、その旨

(三)~次~に該当~、その旨
イ 法366条②〈招集権者以外の取締役による招集請求によるもの〉
ロ 法366条]③〈招集権者以外の取締役の招集によるもの〉
ハ 法367条①〈株主の招集請求によるもの〉
ニ 法367条③〈株主の招集によるもの〉
ホ 法383条②〈監査役の招集請求によるもの〉
ヘ 法383条③〈監査役の招集によるもの〉
ト 法399条の14〈選定監査等委員の招集によるもの〉
チ 法417条①〈選定指名委員の招集によるもの〉
リ 法417条②前段〈執行役の招集請求によるもの〉
ヌ 法417条②後段〈執行役の招集によるもの〉

(六)次~により~述べられた意見or発言があるとき~内容の概要概要
イ 法365条②〈競業、利益相反報告〉
ロ 法367条④〈株主請求による招集、出席、意見〉
ハ 法376条①〈会計参与による出席、意見〉
ニ 法382条〈監査役による不正、法令定款違反、報告〉
ホ 法383条①〈監査役の出席、意見〉
ヘ 法399条の4〈監査等委員による不正、法令定款違反、報告報告〉
ト 法406条〈監査委員による不正、法令定款違反、報告報告〉

株主総会議事録の記載事項・特別な場合

規則第72条 法318条①~の~株主総会の議事録の作成~。
3 ~次~事項を内容とする~。(→一般的事項
(三)次~により~述べられた意見or発言があるとき~内容の概要
イ 法342条の2監査等委員~、選~解任or辞任について~。
ロ 法342条の2②辞任監査等委員~辞任~+理由を~
ハ 法342条の2④選定~監査等委員~取締役の選~解任or辞任について~
ニ 法345条①④⑤会計参与監査役会計監査人~選~解任or辞任について~
ホ 法345条②④⑤会計参与監査役、会計監査人~辞任~理由~
ヘ 法361条監査等委員~報酬等について~。
ト 法361条⑥選定~監査等委員~取締役の報酬等について~。
チ 法377条書類~作成~事項について会計参与~意見
リ 法379条会計参与~報酬等について~。
ヌ 法384条監査役~議案、書類~他~法令~定款~違反~著しく不当な事項~結果を~報告~。
ル 法387条監査役~報酬~意見~
ヲ 法389条会計限定監査役~会計に関する議案、書類~他~調査~報告~。
ワ 法398条会計監査人~定時~総会~意見~。
カ 法398条②定時~総会~会計監査人~意見~
ヨ 法399条の5監査等委員~法令~定款~違反~著しく不当~事項~報告~

大阪高裁:債務のみの相続・遺体、身回品、所持金の受領、治療費の支払後の相続放棄

昭和53(ラ)447 限定承認申述受理申立却下審判に対する即時抗告申立事件
昭和54年3月22日 大阪高決
要旨

915条①~「相続の開始があつたことを知つた」というためには~死亡の事実を知り、自己が相続人になつたことを知つたことに加えて、少なくとも積極財産の一部or消極財産の存在を確知することを要すると解すべき~

921条~単純承認の擬制は、相続人の意思を擬制する趣旨~、~とくに遺産が債務のみの場合~~認定ないし擬制~は特に慎重でなければならず、~行方不明であつた被相続人が死亡したことを~警察署から通知~同署の要請により~価値のない~身回り品、僅少な所持金を引き取り~自己の所持金を加えて~火葬費用+治療費~に充てた行為をもつて~「相続財産の一部を処分~」~ということはできない。

続きを読む

取締役会議事録の記載事項

(取締役会の決議)

第369条
3 取締役会の議事については~省令で定める~議事録を作成~出席〜取締役+監査役〜署名or記名押印~

(取締役会の議事録)
規則第101条 法369条③の~取締役会の議事録の作成~。
3 ~次~事項を内容とする~
(一)~開催~日時+場所(~)
(二)~法373条②~であるとき(→こちら
(三)~次~該当~とき(→こちら

(四)~議事の経過の要領+その結果
(五)~特別~利害関係~取締役があるとき~氏名
(六)次~により~述べられた意見or発言~あるとき~(→こちら
(七)~出席~、~株主の氏名or名称
(八)~議長の氏名

  
(取締役会の決議の省略)

第370条 ~取締役が~決議の目的~事項について提案~場合に~~取締役(~議決に加わることができるものに限る。)の全員が書面or電磁的記録により同意の意思表示をしたとき(~監査役~異議を述べたときを除く。)は~可決~決議があったものとみなす旨を定款で定めることができる

規則第101条
4(一)法370条~取締役会の決議があったものとみなされた場合~
  イ ~決議があったものとみなされた事項の内容
  ロ ~提案~取締役の氏名
  ハ ~決議があったものとみなされた日
  ニ 議事録~作成~取締役の氏名

 
(取締役会への報告の省略)

第372条 取締役、 ~監査役~が取締役(~監査役設置会社~は~+監査役)の全員に~取締役会に報告すべき事項を通知したときは~取締役会へ報告~を要しない。
2 前項~は、363条②~に~は、適用しない。〈3カ月に1回以上の職務執行状況の報告〉

規則第101条
4(二)法372条1項(~)~により取締役会への報告を要しないものとされた場合~
  イ ~報告を要しないものとされた事項の内容
  ロ ~報告を要しないものとされた日
  ハ 議事録~作成~取締役の氏名

株主総会議事録の記載事項

(議事録)

第318条 株主総会の議事については~省令で定める~議事録を作成~。

規則第72条 法318条①~の~株主総会の議事録の作成~。
3 ~次~事項を内容とする~。

(一)~開催~日時+場所(~)
(二)~議事の経過の要領+その結果
(三)次~規定により~述べられた意見or発言があるとき~内容の概要(→こちら
(四)~出席~取締役、~、監査役~の氏名~
(五)~議長の氏名
(六)議事録~作成~取締役の氏名

 
(株主総会の決議の省略)

第319条 取締役or株主が~総会~目的~事項について提案をした場合に~株主(~議決権を行使~できるものに限る。)の全員が書面 or電磁的記録により同意の意思表示をしたときは~可決する旨の~総会の決議があったものとみなす。
5 ①~により定時~総会の目的~事項のすべて~の提案を可決する旨の~総会~決議があったものとみなされた場合~その時に当該定時株主総会が終結したものとみなす。

規則第72条
(一)法319条①~株主総会の決議があったものとみなされた場合~

イ ~決議があったものとみなされた事項の内容
ロ ~提案~者の氏名or名称
ハ ~決議があったものとみなされた日
ニ 議事録~作成~取締役の氏名

 
(株主総会への報告の省略)

第320条 取締役が株主の全員に~株主総会に報告すべき事項を通知した場合に~総会に報告することを要しないことにつき株主の全員が書面or電磁的記録により同意の意思表示をしたときは~総会への報告があったものとみなす。

規則第72条
(二)法320条~株主総会への報告があったものとみなされた場合~

イ ~報告があったものとみなされた事項の内容
ロ ~報告があったものとみなされた日
ハ 議事録~作成~取締役の氏名