Genmai雑記帳

人にやさしく・・・

最高裁:特別受益である贈与に対する遺留分減殺

平成9(オ)2117 遺留分減殺請求本訴、損害賠償請求反訴
平成10年03月24日 最三小判
裁判要旨抜き書き(加工あり。)

 〜903条1項(特別受益)の〜贈与は〜〜〜〜などの特段の事情のない限り〜1030条(遺留分に算入される贈与)の〜要件を満たさないものであっても、遺留分減殺の対象となる。

裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面・・・・原文
(抽出・加工あり。原文参照)

903条①の〜贈与は〜
−相続開始よりも相当以前にされたものであって、
−その後の時の経過に伴う社会経済事情や相続人など関係人の個人的事情の変化をも考慮するとき、
−減殺請求を認めることが右相続人に酷であるなどの
−特段の事情のない限り〜1030条の定める要件を満たさないものであっても、遺留分減殺の対象となる〜。

903条1項の〜贈与は、すべて〜1044条、903条〜により遺留分算定の基礎〜に含まれる〜
−右贈与のうち〜1030条の〜要件を満たさないものが〜対象とならないとすると、
遺留分を侵害された相続人が存在するにもかかわらず、減殺の対象となるべき遺贈、贈与がないために〜遺留分相当額を確保できないことが起こり得る〜制度の趣旨を没却〜。

格別の事情の主張立証もない本件〜903条①の〜贈与〜と推定
〜特段の事情の〜認定〜なく〜減殺の対象にならない〜とした原審の判断〜破棄〜。

上記は、むしろ、「遺留分算定基礎財産に参入することが不合理なものは除かれる。」と読むべきようです。
下記のサイトの解説もそうなっています。(感謝)
遺留分算定基礎財産から逸脱する生前贈与~遺留分対策(遺留分キャンセラー)~ | 法律を科学する!理系弁護士三平聡史←みずほ中央法律事務所代表