宅建業法改正案:「中古住宅診断」

 中古住宅〜傷み具合を専門家が調べる「住宅診断」を広めるための法改正案を、国土交通省が今国会に提出〜
〜仲介する不動産業者に〜買い手に診断を受けるかどうかを売買契約前に確認するよう、義務づける内容〜

〜1件あたり6万〜10万円という。

〜住宅販売に占める中古の割合は、1割ほど。〜住宅診断が普及して中古の割合が7〜9割を占める欧米にもならい、国交省は安心して中古住宅を買えるしくみをつくろうと〜法改正に〜。

宅建業法〜改正案〜〜施行は18年度〜見通し〜
〜診断費は基本的に売り手の負担〜品質保証のツールとして普及〜期待〜。
中古住宅、安心も一緒に 契約前の診断促進へ、法改正案:朝日新聞デジタル