福岡の弁護士、3カ月の業務停止

 福岡県弁護士会〜弁護士が〜交通事故の〜示談成立後約2年間に渡って〜被害者である依頼者に示談金を渡さなかったなどとして、〜業務停止3カ月〜
〜2011年5月〜交通事故の被害者から示談交渉を受任し、12年7月に示談が成立〜312万円余の示談金(和解金)を受領〜
〜約41万円を被害者側に渡しただけで、14年7月まで約2年間、清算していなかった。現時点では、すでに全額、依頼者に支払っている〜

〜11年1月に受任した債務整理の事件で、事務員に処理を任せ〜。
〜分割払いの和解が12年1月に成立〜依頼者から預かって〜毎月支払うことにしていたものの、事務員への指導監視を怠ったため〜滞り、依頼者が〜訴訟を提起された。

〜弁護士は、事実関係を認め、処分について異議を出していない。
〜2013年にも、2010年に受任した労働事件の申立を怠ったにもかかわらず依頼者に申立て済みであるかのような弁明〜経済的不利益を与えたとして〜戒告〜
武藤治樹弁護士、3カ月の業務停止処分:データ・マックス NETIB-NEWS