民法(相続関係)等の改正に関する中間試案

法務省:法制審議会民法(相続関係)部会第13回会議(平成28年6月21日)開催

民法(相続関係)等の改正に関する中間試案(案)

第1 配偶者の居住権を保護するための方策

1 配偶者の居住権を短期的に保護するための方策(短期居住権など)
2 配偶者の居住権を長期的に保護するための方策(長期居住権、その登記など)

第2 遺産分割に関する見直し

1 配偶者の相続分の見直し
2 可分債権の遺産分割における取扱い
3 一部分割の要件及び残余の遺産分割における規律の明確化等

第3 遺言制度に関する見直し

1 自筆証書遺言の方式緩和
2 遺言事項及び遺言の効力等に関する見直し
3 自筆証書遺言の保管制度の創設
4 遺言執行者の権限の明確化等

第4 遺留分制度に関する見直し

遺留分減殺請求権の効力及び法的性質の見直し
遺留分の算定方法の見直し
遺留分侵害額の算定における債務の取扱いに関する見直し

第5 相続人以外の者の貢献を考慮するための方策

一緒に出ていた、浅田隆委員「可分債権の取扱い(相続預金)等に関する意見の補足」は、
東京高裁:死亡を知らずに払い戻した場合 - g-note(Genmai雑記帳)によく似た事例ですね。