憲法改正の内容を白紙委任するかどうかの選挙・「ある日気づいたら」

町村先生が、今回の選挙と憲法改正について書いておられました。

麻生元総理〜「憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていた〜。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね」

〜安倍首相は両院で3分の2勢力を目指す参院選で、殊更に憲法改正の争点隠しに励む。
自民党公明党の候補者たちも〜ナチスの手口に学んで、憲法改正の争点隠しに励んでいる〜毎日新聞が調べてくれた。

しかも、選挙後は改正に突き進むという首相が、どう改正するかはまだ分からないから具体的には争点としないといいつつ、〜
なお次の国会からは憲法改正にまっしぐらになるともいう〜、憲法改正発議の内容を白紙委任するかどうかの選挙〜。

〜具体的なことを言ってくれない以上、自民党憲法改正草案を参照するしかない。

自民党憲法改正草案〜自民党内では異論〜これがすごい。
安倍首相が第一次内閣で法務大臣にした長勢という人、国民主権基本的人権、平和主義、これらは日本に押し付けられたもので、これらをなくさないとならない」(大意)そうだ。

日本国憲法は無効だといい出す「日本会議」に帰依する議員が大多数を占めるのが安倍内閣

国民投票がある〜内容決定も国民が直接できるように聞こえるが、憲法改正の内容を決めるのは〜国会議員の両議員2/3〜、国民ができることは〜イエスノーを言えるだけだ。

繰り返しになるが〜改正の具体的内容は選挙で問うつもりはないと〜いうのだから、憲法の内容を白紙委任しろというのが今回の選挙〜
election:参院選、日本の将来の憲法のあり方がかかった選挙だ: Matimulog