サブリース契約、賃料減額リスク説明義務

国土交通省は「将来は家賃が減る可能性がある」との説明を賃貸住宅管理業者に義務づける制度改正〜
不動産取引では通常〜リスクの説明を法律で義務づけている〜サブリースはその対象にならない。
〜個人の大家も不動産事業者〜消費者並みの保護の仕組みはなかった。

〜苦情が急増。〜過去5年間に477件の相談〜

〜9月から施行〜。〜将来的な家賃減額などのリスクを説明する義務〜。
〜15年の新築賃貸住宅は37万8718戸で、前年比4・6%増と4年連続で増加。
近年の金融緩和で、大家の資金調達が簡単になった〜。
〜遊休地にアパート〜相続税の節税〜昨年〜の相続増税後は建設に拍車〜

〜全国に820万戸(13年)ある空き家のうち賃貸住宅は429万戸と半数以上。〜空き家の増加につながっている〜
「家賃保証」アパート経営、減額リスクの説明義務化:朝日新聞デジタル