「嫡出否認」違憲訴訟

 〜「嫡出否認」の訴えが起こせるのを夫にだけ認めている民法の規定は、男女平等を定めた憲法に違反〜神戸市内の60代女性と娘、孫2人の計4人が24日、国に計約220万円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こした。
 〜昭和57年〜夫の暴力が原因で別居。離婚が成立する前に別の男性との間で娘が生まれた。〜民法772条の「婚姻中に妊娠した子は夫の子」とする嫡出推定の規定のため受理されず、娘は無戸籍に。娘が生んだ孫2人も無戸籍〜

〜夫の子であることを否定するためには「嫡出否認」の訴え〜必要〜、民法は774条で「夫は子が嫡出であることを否認することができる」と規定。
「嫡出否認」夫にだけ認めるのは違憲…神戸の女性が提訴 出生届受理されず無戸籍に(1/2ページ) - 産経WEST

民法

(嫡出の推定)
第772条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定〜。

(嫡出の否認)
第774条 772条の場合〜夫は、子が嫡出であることを否認〜できる。