新しい司法書士企業を目指して

 博多、大野城・東京支店を構え、全国展開を目指す司法書士法人オフィスワングループ。
〜代表の島田雄左氏〜
近年では相続信託事業に力〜「民事信託ドットコム」を中心に、生前対策から死後手続までをサポート〜

〜財務局管理の信託会社と連携しているため、徹底したコンプライアンスを遵守〜、遺言信託や財産管理などの幅広い専門性〜

〜最も懸念しているのは、司法書士業界が衰退し、業界の存在意義が問われる時代が来るのではないか〜

司法書士試験〜合格者〜出願者数ともにピーク時の10年から5年連続の減少〜
〜出願者数については2,000年以降で最低の数字〜
〜現在の司法書士の年齢構成を見ると、60代が4,875名(22.9%)で最も多い。約4分の1は60代〜

〜要因には〜世間での業界の印象が不動産登記に留まっているということがある〜
〜他に何もできないと誤解され、業界の廃退を加速〜

〜若き司法書士法人代表として自ら情報発信し、新しい経営の在り方を提案し、司法書士として起業し事業規模を拡大させることができる、という意識を広めようとしている。
家族信託・民事信託を武器に司法書士企業としてのモデルを示す(前):データ・マックス NETIB-NEWS