空き家管理サービス

〜今から17年後の2033年における、日本全国の空き家の予測〜。総住宅数の、実に3割が空き家になる見通し〜(野村総研予測)。
総務省の調査〜13年の空き家数は約820万戸〜総住宅数に対する空き家率は13.5%。
〜トップの山梨県は17.2%〜この倍率を17年後にそのまま当てはめると、山梨県の空き家率は約4割〜。10軒に4軒が空き家〜“空き家だらけ”〜

〜日本の世帯数が19年の5307万世帯をピークに25年に5244万世帯、35年に4956万世帯へと減っていくことが見込まれるため〜
団塊世代20年代後半に80歳代に突入〜。団塊世代は一戸建ての持ち家率が75.3%〜

今でも全国に1000万戸弱の空き家〜今後は劇的に増えていく〜

多くが月々5000円〜1万円で空き家の巡回、除草、清掃、換気〜仮に5000円で200軒契約できたとしても、月100万円、年1200万円の売上にしかならない〜

上田氏が代表を務める空家・空地管理センター〜「100円管理サービス」〜。
〜月額100円で毎月1回の見回り(主に玄関周辺)、管理会社を明記した看板の設置、近隣からのクレームの一時対応、巡回報告書のメールでの送付〜
〜。実際にはオプションで郵便ポスト清掃(500円)、建物の裏を含めた詳細点検(800円)などを付ける顧客も多いそうだ。
空き家向け管理サービス広がる、月100円で巡回も! | 消費インサイド | ダイヤモンド・オンライン

そうは言っても、空き家が無くなるわけではなく・・・・・、
特に「リノベーション」などの効果を望みにくい過疎地では、「無くす」ための「決め手」が見当たらないのが現状だと思いますが、
かと言って、放置できないとすれば、やはりこの方向もありでしょうか?