遺言・付言事項

公正証書遺言の付言事項の下書きをしておりました。
ある意味、この遺言をするに至った説明みたいな所があり、
また、遺留分減殺請求などで揉めないでほしいと言う意味で付言することも多いと思います。

しかし、遺言者の子に対する気持ちを、いろいろと忖度しながら起案していると、
こちらまで何か思いが募ってきて、だんだん悲しくなってしまいました。

歳のせいでしょうか?

私も付言事項だけの遺言を書いておこうかしら。

「法律上の遺言」と一般的な「ゆいごん」は違うと言うことは当然でしょうし、
相続人が揉めてほしくない気持ちもわかりますが、

やっぱり、遺言は、去る者の、遺された近親者への最後のメッセージです。
残された者の便利さばかりを強調することでもないと思います。

遺言とは別に、子供へのお手紙を遺されることをお勧めすることもありますが、書かれないことも多いです。
その意味でも、本当は付言事項って大切なんだ、と思いました。