「バイバイ」、母は落とした

〜3歳の誕生日を迎えたばかりだった。〜
〜相談から約1カ月後。娘が発熱し、迎えに来るように保育所から電話がきた。だが女性は「もう無理」と泣きじゃくって電話を切り、引き取りを拒んだ。〜

〜「子どもがかわいいと思えない。私は普通じゃないのでは」。〜
福岡市〜深夜〜。24時間態勢で臨床心理士らが待機〜虐待対応〜育児相談〜。じっくり話を聞き、「そういう人もたくさんいますよ」などと助言すると安心する人が多いという。相談の約3割は夜間帯〜

 厚労省は〜虐待通告などを24時間受ける短縮ダイヤル「189」を設け、近くの児相に電話がつながるようにした。だが〜対応はまちまち〜
「バイバイ」笑顔の幼子、母は橋から落とした:朝日新聞デジタル

法務省〜14年、児童虐待事件に関する捜査の経緯や不起訴処分の理由などを児相に情報提供するよう全国の検察に通知〜
なっちゃんの教訓

〜なぜ弟の安全を直接確認せずにその場を離れたのか、などの詳しい分析までは書かれていない。〜
厚生労働省の統計では09〜13年度に虐待で亡くなった子どもは444人で、死亡事例だけみても半数超が検証されていない。
虐待で寝たきりになった弟 なぜサインは見逃されたのか:朝日新聞デジタル

なぜ、こうなるのでしょうか?
弱い者を、「いじったり」「いじめたりする」風潮と関係あるのでしょうか?