後見着服、徳島県社会福祉士会 元副会長

 徳島県社会福祉士会の元副会長が〜5人から現金計数百万円を着服した疑い〜、徳島家裁〜が業務上横領の疑いで県警に刑事告発
〜家裁や女性に報告する際、数字を書き換えた預金通帳のコピーを提出〜

〜5月にも、県司法書士会の元副会長が〜業務上横領〜。高齢男性から4千万円余りを着服〜起訴〜有罪〜〜このケースでも、虚偽の報告書や改ざんした通帳のコピーが家裁に提出〜。

 司法書士社会福祉士といった「専門職」による相次ぐ不正〜成年後見制度の社会的信頼は大きく損なわれた〜

〜モラルと順法意識の欠如〜
〜利用は低調〜認知症の人は400万人を超えている〜後見人が不足〜利用者は18万人にとどまる。〜促す「成年後見促進法」が議員立法で成立〜

〜高齢化はさらに進み、認知症の人は25年には700万人になると推計〜
〜昨年の被害は521件、総額29億7千万円〜

〜促進法〜政府が利用促進会議を設置〜3年以内に必要な法整備〜。〜不正防止の徹底を図る視点が欠かせない。
後見制度悪用 未然防止へ対策強めよ|社説|徳島新聞