勾留中死亡。法医が警官告発

 2010年2月に奈良県警が業務上過失致死容疑で逮捕し、桜井署で勾留中の男性医師=当時(54)=が死亡したのは取り調べ時の暴行が原因〜
〜遺体の鑑定書を調べた岩手医大の出羽厚二教授(法医学)が、特別公務員暴行陵虐致死容疑で〜警官を告発する〜。
 〜出羽教授は取材に「取り調べで自白させるために暴行し、死亡させるようなことがあってはならない。〜」〜。
〜勤務先の奈良県大和郡山市の〜「〜病院」(廃院)で、06年に肝臓の手術ミスで患者を死亡させたとして、10年2月〜逮捕〜、〜25日に死亡〜
〜同月14〜24日ごろ〜取り調べ中に頭部や胸部、上下肢を殴打して傷害を負わせ、急性腎不全などの多臓器不全で死亡させた〜
「勾留中に暴行死」 法医学者が奈良県警の警官告発 - 産経WEST