ヤメ検に聞く検察官の待遇

 〜司法制度改革以降は弁護士就職難もあって〜。近年倍率が3倍を超えた年もあったとか。優秀な人材は大手弁護士事務所、裁判所との綱引きになっている。
 キャリア形成〜。法務省を中心に進む「赤れんが組」と、特捜部中心の「現場組」が二大勢力と言われてきたが〜。〜「若い検事で公判部希望者が少なくないと聞く」という。

〜1年目で年収500〜600万円、特捜部長など部長クラスで約1700万円、各都道府県にある地検トップの検事正で約2000万円〜推定額)。
〜1年目から管理職扱いで残業代は出ず、「公式な会合でも経費精算が出来ず自腹」「原則2年毎の異動で引っ越し貧乏」、「若手は時給換算でマクドナルド並み」〜高給人生が待っている。
ヤメ検に聞く検察官の待遇、若手はマックのバイト並み? | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン