最高裁:共有物についての賃貸借契約の解除

昭和36(オ)397 建物収去、土地明渡請求
昭和39年02月25日 最三小判
裁判要旨抜き書き

 〜共有物〜貸借契約の解除は〜252条本文にいう「共有物ノ管理〜事項」〜、〜544条①〜は適用されない。

裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面原文
(抽出・加工あり。原文参照)

共有者が共有物を目的とする貸借契約を解除することは〜252条〜「共有物ノ管理ニ関スル事項」に該当〜、右貸借契約の解除については544条①〜の適用が排除される〜

原審が〜同項の〜適用〜を前提として〜上告人だけで〜解除〜できないとしたのは〜解釈を誤つたもの〜

〜しかし、共有物〜貸借契約の解除は〜252条但書〜保存行為にあたらず、同条本文の適用を受ける管理行為〜

上告人は〜2分の1の持分を有するにすぎない〜から〜同条本文の適用上〜単独で〜解除〜は〜許されない〜原審の判断は、結局、正当〜

民法

(解除権の不可分性)
第544条 当事者の一方が数人ある場合〜契約の解除は〜全員からor全員に対してのみ〜できる。

★判例等:(相続)共有等に関する判例・記事(随時更新) - g-note(Genmai雑記帳)