『わが子に会えない』・身に覚えのないDV

〜身に覚えのないDV〜を主張され、子どもに会わせてもらえず、苦しんでいる人が多いという話〜。
(抽出・加工あり。原文参照)

〜被害者は配偶者暴力相談支援センターや警察などへ出向き、DV被害について相談〜。行政は〜被害者の居所を秘匿〜。希望者は〜シェルター〜などに避難。地裁〜が認めれば、〜保護命令〜接近禁止令〜退去命令が発令〜

DV防止法のせいで、わが子に会えず苦しむ父親もいる | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

実際、行政(警察を含む。)による「被害者」保護は、あくまでも「保護」を優先するため、
その真実性にまで立ち入らず「迅速に」行われてしまうことがあるようで、

夫がいやになった妻が、ほとんどない「DV」を理由に行政に相談したりすると、
夫側としては、突然、妻や子を失ってしまい、警察に捜索願いを出したりして必死で探し回り、
でも、どの機関も教えてくれない、と言うようなことが起きているようです。