★法定相続情報証明、5月から!

 法務省は28日、〜法定相続人〜「一覧図」を公的な証明書として発行する制度を5月下旬から始めると発表〜
 〜不動産や預金を相続〜その都度全員分の戸籍などをそろえる必要があったが、新制度では、いったん〜一覧図の証明書を作れば、以後はそれをもとに相続手続きなどを進められる〜
〜法定相続人の一人が全員分の戸籍などの書類を集め、名前や続き柄を一覧図にして法務局に提出〜
〜法務局は〜一覧図の原本を〜保管〜写しを無料で発行〜
〜公的な証明書として〜不動産の相続や、金融機関での預金などの相続の際に利用できる。

〜昨年7月に公表した案では、一覧図に本籍法定相続分も掲載する予定だったが、〜掲載しないことにした〜

法務省は「新制度で相続の登記を促したい」〜
相続人の一覧図、公的証明書に 法務省、5月下旬開始:朝日新聞デジタル

司法書士業務の大変化?

★法定相続情報証明制度(省令案概要) - g-note(Genmai雑記帳)
★法定相続情報証明制度-法務省 - g-note(Genmai雑記帳)
法定相続情報証明制度(省令案)に対する意見(古橋先生) - g-note(Genmai雑記帳)

銀行の場合、「相続人全員が実印を押し、印鑑証明書を添付した合意書があれば部分的な払い出しには応じる」(三井住友銀行)という。〜
遺産分け、公平性が重要に 預貯金の扱いカギに|マネー研究所|NIKKEI STYLE